ケータイ捜査官・遊戯王・ゴルゴ・メジャー部屋

日々の日記からカテゴリー別に転載しました。イナズマイレブンとワンナウツはリンクからどうぞ。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
参上!ぴゅるっとあさたろう
参上!ぴゅるっとあさたろう (JUGEMレビュー »)
松原剛志,押谷沙樹,大森祥子,関淳二郎
ぴゅるぴゅるぴゅるっ!くらえ正義のねぎじるだ!燃える名曲。
RECOMMEND
絆-キズナ-
絆-キズナ- (JUGEMレビュー »)
Kra,景夕,akira masubuchi
5D'sテーマ曲。ライディングデュエルの疾走感そのままのイメージ。光さす道となれ!
RECOMMEND
RISE
RISE (JUGEMレビュー »)
大友康平,大友康平,Ryo
メジャー第4期OP。すごく大友らしく、すごくメジャーらしい。奇跡のコラボレーション。
RECOMMEND
遊戯王デュエルモンスターズ デュエルヴォーカル ベスト
遊戯王デュエルモンスターズ デュエルヴォーカル ベスト (JUGEMレビュー »)
マイクスギヤマ,3+3
遊戯王7年間のOP・EDを全部網羅し、あまつさえ海外劇場版のテーマまで入ってるファン感涙の1枚。
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
カウンター
メッセージはこちらまで
当ブログバナー(持ち帰りフリー)
ブログ本棚
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
エリン
時間なくて書けないけど、エリンの怒濤のクライマックス作画に杉本道明様々を当ててきたのは個人的に大喜び。

ハメくさい作画や演出をしようと思えばいくらだってできるのに(韋駄天翔のテニプリの監督さんだからな)あえて抑えた演出で美味しいシーンを描いたのはイイね。
髪が過剰になびかないとか、格闘シーンで中抜き動画をしないとか、エリンの世界観に合ってると思いましたよ。


食い足りない部分や要らないかなーと思う部分も正直あるけど、イアル(声:鈴村)に関してはほぼ原作のイメージ通りでウハウハしています。
この人のその後について気になる方は続編を読んで驚くがよい(何)ええいこの、ちゃっかりさんめ。


物語のもうひとつの軸である大公と真王(貴族と王族みたいなもん)の確執については描くのが難しかろうなあと思いました。
シュナンとセイミヤがどれほどのタブーを破ろうとしているのか、ヌガンが何故強硬に反対するのか、子供に判るのかしらん。
でも判らない事なのが良いのかもしれません。理解できない事を後で理解するのも醍醐味だもんね。

獣の奏者
セ・ザンの男・イアルがメインの話だったのですが、イアルがなんだか海馬みたいなんですよ。似ても似つかない顔なのに。

なんでかなー眼の描き方かなー、と思ってたら杉本道明様々だったとEDで判明。
私にかかった呪いはまだ解けないようです。


セ・ザンというのは一切の私を捨て王を守るためだけに特化した集団名で、上橋作品にはよく出てくるのですが、その若きセ・ザンのイアルが主人公と絡んでくるのです。
メインは勿論エリンの物語なのですが、途中で切れ切れにイアルの物語が挿入され、中途半端な描写なので一体何が起こったのかがきちんと判らない仕掛けになっています。
自分を育ててくれた師匠を殺した描写があったり、暗殺者集団と確執があったり衝撃的な描写が多いので「一体何があったんだ!」と気になります。

最終回までには謎が判明するのだろうか。それとも投げっぱなしなのかしら。
少女編に出てきたお母さんの元婚約者(お母さんに逃げられて、エリン母子を影から見守ってる)ナソンという男も気になってたのですが、どうやらお母さんの処刑を見届けて出番が終わってしまったようです。
それだけ?復讐はなし?これだから上橋作品はやめられない。あーもー原作買うか。

エリン
人間は自然の中の一つのパーツでしかなく、操れる物なんて限られている、という非キリスト教的な世界観が好きで見ています。

王獣も自然も何一つ思い通りにならないこの世界は、ハリーポッターの反対側にある世界な気がします。
私が選民意識の固まりみたいなあの物語が嫌いなせいもありますが(ごめんね)、あれはあれで階級社会のイギリスで培われた物語であるのでしょう。


王獣の為に昼夜を問わず献身的に世話をするエリンと王獣が心を通わせず、結局種の違いを乗り越えられない描写が秀逸です。
見ている人は王獣が彼女に心を開くのを待ってるのに、そんな気配はありません。
天地人の真田幸村みたいに簡単に懐柔されないところが美しいね(笑)
家畜でも野獣でもない動物という存在が描写される物語は少ないので、この物語がどこに着地するのか興味があります。


夜中にセレクションで再放送をやってるのですが、ハメくさい堅き盾(と言う名のイケメン)が出てくるところばっかり再放送するのでおかしくてたまりませんよ。
その人2,3回しか出てないじゃん(笑)彼しか顔面偏差値高い人いないけどさー。声は沖田をやってて答えを聞いてない人(名前失念)


タイムスクープハンター


どうやら再放送を夜中にやるようです。嬉しい。ものすごく作り込みをしている、ドキュメンタリー風の番組。リンク
楽しくて楽しくてワクワクします。DVD出してくれたら良いのに。NHKってオタ番組ばっかりじゃないのね。

セ・ザンの男
 「オレはセ・ザンの男に金で買われた時から、人の情けを隙と見る世界で生きてきた」

予告から「なんだなんだ」と気になってたのですが、突然の萌え展開になりましたよ(笑)


今回は別軸で主人公に関わってくる王の護衛士の話です。
「精霊の守人」にも出て来ますが、抜擢された幼少の時から全ての私を捨て、主(国)を守るためだけに特化した武人たち。
精霊の守人でも原作ではただの脇役その1に過ぎなかった若き「王の盾」が、アニメでは巧い具合にスポットを当てられて人気が出たように思います。
その後に原作を離れスピンオフの物語も作られたりしていたので、ストイックな彼らの話は視聴者の支持を得られやすいのでしょう。
実際、時には主役を食ったりしていた場面もあって、放送中は燃え萌えでした。


エリンでは、竪琴屋の息子が火事で父と家を失い、病気の母と乳飲み子を助ける為に親衛隊に売られるネタでした。
これが原作にある話なのかどうかは判りませんが、淡々としたエリンには珍しく情緒的な話になっていたので面白かったです。


でも比べる事に意味がないと判ってはいるけど、精霊の守人の方が料理の仕方が上手かった気がします。
サーブ一発で恐竜を絶滅させた浜名監督とは思えない抑制された画面や演出は、ともすれば地味になりがちで、なんとなく物足りませんでした。
いかにも私好みなのに、ちょっと残念です。


もっとほら、こう、抑圧された感情は爆発する時がキモじゃん?
感情のたわみを作る為にも、もっとギチギチと容赦なく抑圧させてくれないと。

(もっとツライ目に合わせろと言ってます)

王の盾
予告のナレーションがこんなでした。

「オレはセ・ザンの男に金で買われた時から、人の情けを隙と見る世界で生きてきた」


おおおおいおい。無防備なアニメはええのう。これって物語唯一のイケメンの台詞なんですわ。セザンの男、何者?


10話くらいまで低空飛行、だんだん面白くなって、イケメンもようやく出始めるあたり浜名節でしょうかね?
保護者でも誘惑者でも統治者でもない「神(人を越えた存在)」という存在はキリスト教圏では見られないので面白く見ています。
エリンも非常に非欧米的な世界です。
笛で操って管理しているけれど、人間の意のままにはならず、実際は管理どころか共存すらも危うい、家畜とは違う獣が物語のもう一方の主役であろうと思います。
地味だけれど、真面目に作っている良質なアニメです。しかし派手さがないので、スルーされがち。
ゆえに冒頭の台詞もスラスラと出ちゃいます。素敵声だったので、人気のセイユウさんでないのかね?

ポルフィとエリン
 名作シリーズのポルフィ、教育テレビのエリン。


共に物語が佳境に入り、主人公の親しい関係者が亡くなるという大変な目に合っております。


ポルフィは相棒だったフクロウが撃たれて死んでしまい、放心状態で雪の中を彷徨って半死半生に。
マルコが最後の行程でアメディオに死なれたようなものなので、結構大変な状況です。
名作シリーズで相棒の動物が死んだのはティコくらいじゃないだろうか。思い切ったものだなー。


一方、獣の奏者エリン。
こちらは被差別民族出身のお母さんが村の失敗の責を負って処刑されてしまうのですが、竜の池に突き落とされて食い殺されるというこれまたハードな展開。


どちらも保護者の抗議が予想されますが、でも「命の尊さ」はどうしても描かねばならない、という決意が見られます。
昔のように「人が死ねば感動するだろ」みたいな安易な死の描き方ができない今、結構さじ加減に気を遣っているのではないでしょうか。
描くのが大変な時勢に敢えてちゃんと描いてくれたのは嬉しい。


どこかのばかたれなナナヒカリニストに爪の垢を煎じてやりたい。
電光も、動物達も、患者さんもみんな死んでませんでした。キリコ先生は痛みを取るのが仕事です、てな話を作るあのばかたれに。


獣の奏者エリンなのですが、ようやく物語が動き出したような気がします。
作品世界を表しているOPテーマがすごく良いのです。
「精霊の守人」がダイナミズムに溢れた作りだったので、今回は地味さが目を引きますがお手並み拝見。
お母さんが食い殺される回が、ものすごく絵がキレイで何事?と思ってたら杉本道明様々が原画から全部担当。ああ、気合い入ってたのだな。


浜名監督が真っ向から取り組んでいるみたいなので、こちらもしっかり見届けよう。
そういえば、エリンの友達の兄妹が翔とまことの声の人でキャラもそんな感じです。気の強い妹に腕白兄ちゃん。
6話目まで気がつかなかった私は絶対音感がありません。説教する人って出ないのかなー

獣の奏者エリン
  例によってまったくノーチェックのまま見たのですが、原作が私の好きな作家さんでした。

絵柄も私が好きそうなつるっとシンプルな絵だし、監督が浜名監督だよ!


「一生ついていきます!」と韋駄天翔で宣言したのに、次の作品で3話目で脱落し、次の図書館戦争で鼻水出そうに脱力したのは記憶に新しい。
獣の奏者が吉と出るか凶と出るか、これから楽しみです。


精霊の守人は私の中では特大ヒットだったので、あんな作品になればいいなあ、と密かに期待中。