ケータイ捜査官・遊戯王・ゴルゴ・メジャー部屋

日々の日記からカテゴリー別に転載しました。イナズマイレブンとワンナウツはリンクからどうぞ。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
参上!ぴゅるっとあさたろう
参上!ぴゅるっとあさたろう (JUGEMレビュー »)
松原剛志,押谷沙樹,大森祥子,関淳二郎
ぴゅるぴゅるぴゅるっ!くらえ正義のねぎじるだ!燃える名曲。
RECOMMEND
絆-キズナ-
絆-キズナ- (JUGEMレビュー »)
Kra,景夕,akira masubuchi
5D'sテーマ曲。ライディングデュエルの疾走感そのままのイメージ。光さす道となれ!
RECOMMEND
RISE
RISE (JUGEMレビュー »)
大友康平,大友康平,Ryo
メジャー第4期OP。すごく大友らしく、すごくメジャーらしい。奇跡のコラボレーション。
RECOMMEND
遊戯王デュエルモンスターズ デュエルヴォーカル ベスト
遊戯王デュエルモンスターズ デュエルヴォーカル ベスト (JUGEMレビュー »)
マイクスギヤマ,3+3
遊戯王7年間のOP・EDを全部網羅し、あまつさえ海外劇場版のテーマまで入ってるファン感涙の1枚。
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
カウンター
メッセージはこちらまで
当ブログバナー(持ち帰りフリー)
ブログ本棚
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
イナズマイレブン
なんかもう、大好きだけど物足りない所も多いし、そんなに好きなのか?と聞かれたら「多分大好き」と答えそうだし、考え出すとグルグルと止まらないし、書きにくい事このうえないのがイナズマ感想だったりします。

ネタはそこかしこにころがってるのにさー。


イナズマ人気の層と私の趣味が合致しないので、叱られそうだっていうのもありますが。だって大人気じゃん…
というわけでイナズマ好きな人は万が一「この人全然判ってないじゃん」と思っても抗議はお手柔らかにお願いします。


最初に見た時の印象は円堂くんは全ての母親の理想の息子であるな、という事。
とにかく元気で、回りに気を配る事が自然にできて、勉強はいまひとつだけどスポーツにはがむしゃらで、友達思い。
友達がまた、みんな良い子ばっかりで理想的。家庭に問題のありそうな子も本人の性格に反映されないし、その家族が迷惑をかけてくることもない。


もうこれだけで萌えが3つ減ってるわけですが(笑)、イナズマは1000人のメンバーを集めてサッカーチームを作るゲームなので、そんな些細な描写をしている暇はありません。
ゲームではイベントをこなして仲間を増やし、またイベントをこなして仲間を増やして…となるとこのアニメは非常に上手い作りになってると思います。


ゲームの展開上、死にものぐるいで特訓してきた仲間がどんどん抜けて、さっきまで知らなかったようなぽっと出のキャラが次々強力なレギュラーとして入ってきます。
キャラに思い入れがある人はここでまずひっかかって「なんでコイツがレギュラー面で」となる気持ちを染岡くんが代弁してくれます。
そうこうするうちに、そのキャラ絡みの話が1エピソードくらいあって、視聴者は染岡くんの気持ちに添っているうちに彼と一緒に新キャラを受け入れてしまうという構成は「上手いなあ」と言うしかありません。


半年くらい過ぎてから、円堂という子は修行中の釈迦なのだと気付きました。
彼は来る物は誰でも受け入れるし、去る子は追わない。そこで縁を切るのではなく、繋がりを信じて帰る場所を作って待っている。
円堂は誰の事も悪く言わないし、誰のことも責めない。
じゃあ彼は何をしているかというと、お弟子たちに悩みつつ修行する背中を見せてるのです。
キリストじゃないから導いたり教えを説いたりせずに、ひたすら自分を高める事に邁進するわけです。
で、その背中を見たお弟子さんたちがみんな心酔して円堂の元に集まって来ます。


敵であった時は卑怯な手をバンバン使い、勝利至上主義だったり他人を蹴落とす事を考えてた人が、弟子入りするやみんな円堂に感化されて修行を始めてしまいます。
門下生はミスをした選手を「何やってんだ」と責めず「どうしたんだ」と気遣い、自分を高める修行に余念がありません。


雷門中には実は歴然としたヒエラルキーが存在しています。いや顔面ヒエラルキーじゃなくて(笑)もともとヒエラルキーって宗教用語だし。
豪炎寺も鬼道も円堂と同等のような顔をしているけれど、何かあれば必ず円堂に従うので、悪い意味ではなく円堂を頂点とした修行団体なのでしょう。
それは監督も理事長も例外ではありません。ちなみに円堂はヒエラルキーの頂点だけど教祖じゃないよ。


というのはイナズマを見ながら考えついた私の後付にしか過ぎませんが、「性悪の子を出さない」という基盤はあったと思います。
沢山仲間をゲットしなきゃならないけど、ポケモンと違ってそこらを歩いてる子も人間なわけだしね。


非常に上手い作りだなあと思うけど、私が見たいのはその裏の物語なので、色々もったいなくてしょうがないですよ。
浄化されちゃった魂にうまみなんてないじゃん。


鬼道の物語なんて美味しい設定てんこ盛りなのに、養父との確執や帝国監督との愛憎とか全部スルーですよ?
もっと惜しいのは土門。彼は帝国でレギュラーを掴めず、監督にいわば捨て駒として扱われたわけじゃん。
レギュラーになれず、スパイという汚い仕事に手を染めて、あげく帝国も裏切ったわけなのに、あの悪びれなさ加減はどうなのよ。
こないだ雷門中が帝国に特訓に行った時ですら、臆面もなく帝国の連中と練習してました。
なんかほらもっと、こう、「ケッ下司なスパイ野郎が帰ってきやがったぜ」的な歓迎とかなかったの?


その「何もなかったようなふるまい」がゆるせーん!と時々イライラします。君らおかしいよ!…イヤごめんね。


イナズマは私の好きなネタがゴロゴロしてるのに、私の好きな展開がひとつもないという実に隔靴掻痒なアニメなのでした。


はっ!そんな補完は同人誌でか!(でも見つからないんだよなー黒い鬼道とか黒い土門)


それはともかく、サッカーには「オフサイド」というルールがあると知ったら、すごく驚くだろうなあ彼ら。

スポンサーサイト
- | 16:38 | - | -
コメント
コメントする