ケータイ捜査官・遊戯王・ゴルゴ・メジャー部屋

日々の日記からカテゴリー別に転載しました。イナズマイレブンとワンナウツはリンクからどうぞ。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
参上!ぴゅるっとあさたろう
参上!ぴゅるっとあさたろう (JUGEMレビュー »)
松原剛志,押谷沙樹,大森祥子,関淳二郎
ぴゅるぴゅるぴゅるっ!くらえ正義のねぎじるだ!燃える名曲。
RECOMMEND
絆-キズナ-
絆-キズナ- (JUGEMレビュー »)
Kra,景夕,akira masubuchi
5D'sテーマ曲。ライディングデュエルの疾走感そのままのイメージ。光さす道となれ!
RECOMMEND
RISE
RISE (JUGEMレビュー »)
大友康平,大友康平,Ryo
メジャー第4期OP。すごく大友らしく、すごくメジャーらしい。奇跡のコラボレーション。
RECOMMEND
遊戯王デュエルモンスターズ デュエルヴォーカル ベスト
遊戯王デュエルモンスターズ デュエルヴォーカル ベスト (JUGEMレビュー »)
マイクスギヤマ,3+3
遊戯王7年間のOP・EDを全部網羅し、あまつさえ海外劇場版のテーマまで入ってるファン感涙の1枚。
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
カウンター
メッセージはこちらまで
当ブログバナー(持ち帰りフリー)
ブログ本棚
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
レイトン教授と永遠の歌姫
つるさんとレイトン教授の映画を見てきました。

映画は2時間もなかったのに、終わったら3時間くらい語ってしまいましたよ。


ネタバレしていますで、ちょっとでもイヤな人はここから先の青部分を飛ばして下さい。


とりあえず、制作者は
「ペンギンの問題」を20回見て「レイトン教授」に致命的に足りないと思うところを200字以内にまとめよ


「ペンギンの問題」は幼児向けコロコロ映画なのですが、世界を変えうる能力を持った歌姫がヒロインで、彼女を手に入れんとする敵と主人公が丁々発止の闘いをする。という骨子は似ていると思います。
ペンギンのヒロインは寒いギャグで世界を凍らせるという能力ですが、やってる事は同じです。そしてすごく上手に話を作っていたと思います。


レイトン教授の映画に致命的に足りないと思うのは敵方の動機(モチベーション)です。
これがほとんど描かれなかったので、なんでこの人が狂ったようにヒロインを(介してあるお宝を)手に入れようとしてるのか、さっぱり判らないのですわ。
そのお宝に思い入れがあるとも描かれていないし、レイトン教授に恨みをつのらせているようにも見えなかったし、クライマックスにものすごく大がかりな仕掛けが出てきてびっくり仰天するんだけど、そのメカ作れる力があるならお宝なんか要らないんじゃね?
…と思っちゃうのは否めない。
もうひとつの軸である父と娘の愛情劇とも全然関係ないし。


おそろしく好みな色合い、作画、動画の数々。声の人たちも、世界観もズバリ好みなんですが、どうしてこうなったん??(^_^;)
ゲームをプレイしてないせい、と言われちゃそれまでですが、敵の人の行動原理はある程度説明してくれないと。
もしやこの人は御剣検事のようなポジションで、もはや説明の必要なし、と制作者は判断したのかもしれませんが、それは不親切じゃろう。


そして唖然としているうちに謎は解き明かされ、百万遍使われて手垢にまみれまくった伝説の都市が姿を現すのですが、それを見ても敵が別段思い入れのある言動をしないわけです。
じゃあ何?
この人はレイトン教授をぎゃふんと言わせたいだけ?


という(別な意味で)謎が謎呼ぶ映画でした。う〜〜〜〜〜ん。いまいち。
でも金と時間の無駄だったかというとそうでもない。
つるさんと熱く語り合ってそれでも足りなくて、このモヤモヤの正体を確かめにもう1回見に行っちゃおうかな?と思ったくらいには面白かったし。


あと、レイトン教授は完全無欠な「攻め」ですな。
つるさんが3時間語っていて、ただの一度も「レイトン教授萌え」と言わなかったもん。敵の方には結構食いついてたのに(笑)


「名探偵」なんてのは、読者をミスリードさせる為に一度や二度は判断ミスをして「しまった、私はとんでもない考え違いをしていた!」
とか言ってるうちにまた一人殺されてー
みたいな隙があるものなのですが、レイトン教授にはその隙がありません。
あの紳士然とした、クールで包容力のある物言い。驚くそぶりは見せてもホントは驚いてないだろお前、みたいな態度。
その攻めっぷりは他に類を見ないほどです。彼にかかったら老若男女、どんな人物もひとたまりもありませんよ。


「お、これはいかん。すぐにズボンを脱ぎたまえ」
「え!?な、なんでですか、教授」
「ぐずぐずしている時間はないぞ、さあパンツも脱いでこれにまたがるんだ」
「え、は、はい」


なんて事をあのつぶらな瞳でいけしゃあしゃあとやってるに違いありません。
弟子も敵もまんまとまるめこまれて、気がつかないうちに好き放題やられていそうです。レイトン教授おそるべし。
きっとその手の本が出てそうな気がするんだけどなー。探しに行っちゃおうかなー(^_^;)


…というわけで、2度目に行こうと思ったけど時間が合わなかったので、マグだけ買って帰ってきました。

いけしゃあしゃあマグ。すでにヘビロテ中。

スポンサーサイト
- | 22:10 | - | -
コメント
コメントする